ピンチマンのブログ

約20年吸ってたタバコ・・ついに禁煙に成功しました!!!

受動喫煙は聞いたことがあったけど。

このブログを選んでくれてありがとうございます。

ピンチマンです。

このブログは2021年1月に書いています。

僕は2020年4月にタバコを卒業しました。

僕は子供が二人いて、お金もかかりますし、

また吸い始めることがないように『戒め』としてこのブログを書いています。

自分ひとりだったら何も考えなかったと思うのですが、

(結婚するまでは考えていませんでした‥)

 

受動喫煙について

 

皆さんは『受動喫煙』という言葉は聞いたことがありますか?

受動喫煙、またはセカンドハンドスモークと呼ばれていますが、

この受動喫煙というのは、

①喫煙者が吐く煙を吸入すること。

②タバコの先から出る煙を吸入すること。

ということを意味しています。

 

そして、『残留受動喫煙』というものがあるそうです。

 

『残留受動喫煙』について

 

これは、『三次喫煙』また、サードハンドスモークと言われます。

タバコを消した後に残留する化学物質を吸入すること

を意味しています。

 

みなさんも、喫煙が繰り返されたカラオケボックスに入ったことありませんか?

あれです。

部屋の家具、身体や髪の毛などにもタバコに含まれる成分が染み込むと、

あの臭いになります。

 

臭いくらいでは問題ないと思ってる方も多いのはないでしょうか?

実は、

車内に残るタバコのニコチンが大気中の亜硝酸と反応して

発がん性物質ニトロソアミン』を作ったという研究結果が発表されています。

 

タバコの害について

 

タバコには、およそ4000種類の化学物質、およそ200種類の有害物質、

60種類以上の発がん性物質が含まれています。

 

特に気を付けなければいけないのが

乳幼児がいる家庭。

子どもの受動喫煙中耳炎、咳、風邪、気管支炎、肺炎、虫歯

などのリスクが高くなるといわれています。

また、乳幼児がはっきりとした理由もなく突然亡くなってしまう

乳幼児突然死症候群SIDS)についても、

タバコが危険因子とかんがえられています。

長期的には、肺がんや心臓病なども引き起こす可能性があるとも。

 

親(周りの大人)が喫煙するたび、有害物質がおもちゃに付着。

ソファには残留受動喫煙が染み込んでいきます。

子供は、なんでも口に入れようとします。

残留受動喫煙で染み込んだソファをハイハイします。

 

愛するわが子が‥と、考えただけでも恐ろしいですね。

 

2016年厚労省は『受動喫煙が原因で亡くなった方は推定年間

15000人』と発表。

男女比では、男性が4523人、女性が10434人。

旦那さんのタバコの煙を浴び続けた結果、ということになります。

 

奥さんや、子供、恋人、家族、

あなたに大切な人はいますか?

 

大切な人がいる方に、このブログが届けばいいと思います。

読んでくれてありがとうございました。